キミオの一度食べておくべき絶品はこれだ!

キミオが今まで食べてきた中で、本当においしかったものだけをご紹介

博多~沖縄めし

本場博多の味がこの場所で味わえるとは!?東京 蒲田の「博多かわ屋」

更新日:

こんにちは!キミオです。

今日は、博多の味が東京で楽しめる、そんなお店を紹介いたします。

それがここ、東京 蒲田の「かわ屋」です。

蒲田には小さな飲食店が多くありますので、まだまだ名店を発見することがあると思いますね。

それでは、お店のご紹介に移ります。

私事になりますが、博多には結構縁があるのですよ。

 

 

スポンサーリンク


博多で食べたあの味がなんと蒲田で

昔のことになりますが、私は仕事の長期出張で博多に行っていたことがあります。

博多は色々とおいしいものばかりで食べ歩きましたね。

その際に、地元の方に案内されて行った焼き鳥屋さん。

確か、薬院にある「権兵衛」というお店の名前だったと思います。(今では「とりかわ粋恭」というお店になっているようです)

当時からすごく人気のお店で、外に長い行列が出来ていました。何やら「鶏皮」が人気のお店らしいのです。

お店にはわざわざ予約をとって頂いていたので、すぐに入ることが出来ました。

早速その鶏皮を頼み、一口食べたところ「これ鶏皮なの!?」と思うくらい、今までのイメージを覆されました。

今でもその味は忘れられません。

地元のテレビでも紹介されていて、「鶏皮が苦手なんですが、これは別で食べられます」というインタビューもやっていたくらいです。

この味ならば、行列が出来る訳ですよ。

その味が、まさか今になって東京の蒲田で味わえることになるとは・・・

 

 

皮串が苦手な人にもおすすめ!

ここの自慢は何といっても「かわ焼き」。

焼き鳥の鶏皮串ですが、普通の鶏皮串ではありません。

秘伝のたれに漬けて焼いて・・・をなんと6日間繰り返し、徹底的に脂を落とします。

そうすると、外はカリカリ、中はもっちりした食感に仕上がります。

「かわ焼き」

噛む度に、醤油味と共に旨味がじゅわーっと口に広がっていきます。

不要な脂が落とされているので、何本食べても飽きがこない。

10本単位で注文するお客さんも多いのですが、それも納得です。普通の皮串ならば考えられないですよね。

ここでワンポイント。

かわ焼きを追加する時は、手元の串が無くなる前に頼みましょう。

そうすると、ちょうどいいタイミングで次が焼きあがります。

もちろん、焼き鳥屋さんなので、その他の焼き鳥メニューやおつまみも充実しています。

週末に是非行きたいお店です。

 

 

おすすめメニューは?

もちろん「かわ焼き」!!

そして「シギ焼き」もおすすめです。

ささみをレアに焼いた串ですが、それにかかるわさびの効いたタレがまた絶品。

このシギ焼きも、もちろん権兵衛で食べたメニューで、出張から帰ってきてからも追い求めていたあじです。

他のお店での「鶏のタタキ」が、ささみのレアということもあり、まぁまぁ近い食感だったのでこれで我慢していたのですが、まさか・・・まさかここで味わえるとは。

「かわ焼き」と一緒に是非食べてみてください。

あと、お会計の後には、鶏ガラスープがサービスで出てきます。これも権兵衛と同じですね。

 

 

まとめ

今回は、東京 蒲田の「かわ屋」をご紹介させていただきました。

JR蒲田の西口からロータリーを抜けてすぐの所なので、アクセスがすごく便利です。

蒲田に来た際は、お仕事上がりにでも軽く寄ってみてくださいね。

金曜の夜はサラリーマンで混んでいますが、行列が出来ている訳ではないので、気軽に来店出来るお店でもあります。

それでは、また次回をお楽しみに!

 

博多かわ屋 蒲田西口店
東京都大田区西蒲田7-29-8
17:00~23:00 定休日:無休

 

-博多~沖縄めし

Copyright© キミオの一度食べておくべき絶品はこれだ! , 2018 All Rights Reserved.