キミオの一度食べておくべき絶品はこれだ!

キミオが今まで食べてきた中で、本当においしかったものだけをご紹介

チェーン店・その他

うま辛坦々麺を食べるならここ!東京 蒲田の「パンダ乾杯楼」

更新日:

こんにちは!キミオです。

急に辛いものを食べたくなることってないですか?

今日はそんなときにピッタリなラーメンをご紹介します。

場所は東京の蒲田。京急蒲田駅前のあすと商店街の中にある「パンダ乾杯楼」です。

 

 

スポンサーリンク


地元に愛される中華料理店「パンダ乾杯楼」

あすと商店街を京急蒲田からJR方面に向かって歩いて行くと、赤い看板が右手に見えてきます。

お店の名前の通りパンダのキャラクターの看板が出迎えしてくれます。

古くから使われていそうな看板に「タンタン麺で有名なパンダ」とのコメントもばっちり書かれています。

普通中華料理だと1皿でお腹いっぱいになってしまうほどの量が来てしまうのですが、ここのパンダは一皿の量が少なめになっていて、もちろんその分値段も安くなっています。

いろんな料理を食べられる!これが非常にいいところです。

コスパが非常によく、仕事帰りや地元の方に愛されているお店です。

 

これが本場四川省仕込みの「李坦々麺」!

坦々麺で有名というパンダには、色々な種類の坦々麺があります。

その中でも、社員の李さんが四川省で徹底研究した「李坦々麺」は辛いです。

辛さの種類としては山椒のしびれる辛さではなく、どちらかというと唐辛子の辛さになります。

でも、ただ辛いだけのラーメンでなく、干しエビ、ひき肉、細かく切ったザーサイが、ゴマの効いたスープと共においしさに深みを出しています。

このバランスが非常によく、口の中で極上の味になります。

そしてここだけの情報、辛さは日によって変わります。

よく「あまり辛くなかった」という口コミがありますが、運が良かっただけです。

ものすごく辛い日があります。

時間でいうと、ランチより夜に行った方が辛い確率が高いです。

(私はあまり辛いのは得意ではないので、辛くない日に当たると嬉しいです)

ちなみに、普通の坦々麺は、おいしさはそのままで辛くない坦々麺なので、辛いのが苦手な方でも楽しむことが出来ます。

 

さらに山椒の刺激が欲しい方には「四川坦々麺」

坦々麺というと、参照の辛さが欲しい方もいるのではないでしょうか?

そんな方には、四川坦々麺をおすすめします。

これは汁が無い坦々麺ですが、味は山椒の辛さでしびれます。

サイズが普通の坦々麺の半分ですので、お値段がすごくリーズナブルになっています。

 

おすすめメニューは?

辛いのが欲しい方には「李坦々麺」。

苦手な方には普通の「坦々麺」や、野菜の乗った「菜坦々麺」がおすすめです。

ちなみに、ここの餃子もおいしいです。

蒲田は羽根つき餃子が有名ですが、ここの餃子は昔ながらの餃子です。

「白菜を使う」というこだわりがあり「冷めてもおいしい」(冷める前に食べてしまいますが)と評判で、私は羽根つき餃子よりも好きです。

 

まとめ

今回は、坦々麺で有名な、東京 蒲田の「パンダ乾杯楼 」をご紹介させていただきました。

京急蒲田駅に近い場所ですが、JR蒲田駅からでも歩いて来ることが出来ます。

羽田空港へのアクセスにも便利ですので、どこか旅行に行くついでに立ち寄ってみる、というのもいいかもしれません。

ちなみにこのパンダ、最近「TVチャンピオン」という番組に出演しました。

黒板にチョークで絵を描く「チョークアート選手権」だったので、ラーメンとは何も関係がありませんが、そこでパンダ店の看板をチョークアートで描く、というお題が出されていました。

今なら外に、その看板の作品が飾ってあるので見ることができますよ。

それでは、また次回をお楽しみに!

パンダ乾杯楼
東京都大田区蒲田4-2-6
11:30~25:00 定休日:無休

-チェーン店・その他

Copyright© キミオの一度食べておくべき絶品はこれだ! , 2018 All Rights Reserved.